スタートアップの仲間集めから世界を変える「Combinator」

どんなプロジェクトですか?

スタートアップの仲間集めプラットフォーム「Combinator」を開発し、世界に拡大していくプロジェクトです。

「Combinator」は、起業おいていちばん重要な仲間集めをテーマにしたウェブサービスです。世界を変えたと言われるようなあらゆるビジネスやイノベーションは、最初はたった一人の熱狂から始まったものでした。ですが、そこには必ず仲間の存在がありました。

Appleのスティーブ・ジョブズと、スティーブ・ウォズニアック。Facebookのザッカーバーグと、ダスティン・モスコヴィッツ。

しかし、そのような出会いは運任せでしかありませんでした。実際に多くの起業家は、仲間集めで挫折しているのです。

私たちは、一人でも多くの起業家が、自分が実現したいアイデア、情熱、ビジョンをCombinatorで掲載することで、仲間が集まるようにしていきたいきます。世界を変える事業が生まれるプラットフォームを目指します。

https://www.combinator.jp/

summary image
motivation image

なぜ、プロジェクトを始めようと思ったのですか?

私自身が、起業したのは2014年1月のことでした。そのときに、仲間集めをしようにも、会社を作る前に掲載できるサービスはほとんど存在せず、あったとしても高額な料金で、とても創業時に手を出せるものではありませんでした。

創業当時の私のような、新たに起業の旗を掲げる人たちが、大切な仲間を見つけられる場所を作りたいと思ってこのサービスを考えました。

プロジェクトのために、今まで取り組んできたことは?

2014年1月、Combinator,Inc.を創業をしました。
当時、僕自身が仲間集めに困っていたため、Combinatorにかける思いを自分で語った動画をFacebookで拡散しました。そこで最初の仲間と出会ったというのが僕の最初の仲間集めの経験です。

2014年6月にようやくサービスの正式公開を迎えました。この1年で延べ300社以上のスタートアップ企業の採用支援。40人以上の仲間をそれらの企業にジョインさせることに成功しました。

こう言うときこえは良いのですが、創業1年目は決して順風満帆ではなく、資金難に直面して一度オフィスを解散して、僕の実家の石川県と東京を行き来するような働き方をしていた時期もありました。今では、懐かしい思い出です。笑

story image
vision image

プロジェクトが目指すビジョンは何ですか?

Combinatorから世界を変えるプロジェクトが世界各国から生まれていく。ビジョンや熱狂によって、仲間集めをする。仕事探しをする。事業を立ち上げる。そんな新しいカルチャーを世界に発信していきたいと考えています。

また、将来的にはCombinatorで仲間集めをする新進気鋭の起業家を集めて、Combinatorコミュニティで世の中のどういった課題を解決できるかを議論するようなサミットを年に1回世界各国で秘密裏に開催したいと思っています。笑

こんな仲間を待っています!

Combinatorは、新しく旗を掲げる起業家や創業期のスタートアップ企業を募集していきます。2015年では、300社。2016年では、1000社の掲載数を目標にしています。

◆「起業するならば、まずはCombinatorに掲載だ」という常識を作るためにブランディング/マーケティングを行う伝道師マーケター

◆新規顧客獲得のために、Sales/Marketing/Media/BizDev/Eventなどをさまざまな施策を柔軟に立案/実行するマインドをお持ちの方

◆大胆な目標を掲げ、それに対して、計画と実行を行うことができる方。経験問わず、学生インターンも募集しています。起業する人みんなに知ってもらえるサービスを作ってやるという気概さえあればなんでもできる!笑

「旗を掲げれば、仲間が集まる世界」を一緒に実現しましょう。

owner image
Shimizu Takumi
仲間集めをシェアして応援!